日本語の実力UP講座

ビジネス日本語クラス
履歴書作成や面接対策など日本での就職に必要な能力を身につけます。
法人向け日本語レッスン
アークアカデミーは法人様向けのレッスンも多くの実績があります。

採用企業の方へ

無料会員登録
無料求人票掲載

世界約45カ国の留学生が見ています。
求人掲載のご依頼は、アークアカデミー
就職支援室までご連絡ください。

詳細はコチラ

internship

卒業生就職インタビュー

働く人

卒業生就職インタビュー7

ソコウさん

出身:中国
【2012年ビジネス日本語クラス在籍中】

大手総合商社内定

 

☆☆☆ ソコウさん、内定おめでとうございます。

ありがとうございます。

☆☆☆ アークアカデミーには1月に入学しましたね。

はい。

☆☆☆ 国にいる時から(就職の)準備をしていましたか?

いえ、特に準備はしていなかったですね。日本語の準備はしてましたけど。

☆☆☆ 日本語の準備というのはどんな準備ですか?

はい。留学ビザを取るためには中国でJ-TESTという日本語の試験を受けなければいけませんので、その準備をしました。

☆☆☆ 日本に来てから、実際の就職活動を始めた?

はい、本格的な活動は来てから始めました。

☆☆☆ かなり精力的に活動していたと思うのですが、具体的にはどんなことをやっていましたか?

やはり最初の頃は何も知らなくて、とにかく情報を集めることが大事だと思いましたので、来て1週間もたたないうちに説明会にでて、いろいろな情報を集めました。

☆☆☆ 情報集めはうまくいきましたか?

はい、そうですね。結構いろいろなインターネットのウエブサイトにも登録して、そこでいろいろな説明会、合同説明会の予約をとったりして参加しました。

☆☆☆ (就職活動は)中国でのやり方と日本でのやり方は違うと思いますが、戸惑うことはありませんでしたか?

はい、中国では自分の履歴書を会社に送るのは普通インターネットでするので、一回やれば後は会社からの連絡を待つだけというところが多いです。でも日本の場合はやっぱり、大きい会社になると一つ一つの会社のウエブサイトに登録してメンバーになってプレエントリーしなければならないので、そこは一番面倒臭いというか、時間をとってましたね。

☆☆☆ プレエントリーを含めてどのくらいの会社にエントリーしましたか?

プレエントリーは30社ぐらいで正式なエントリーは24社しました。

☆☆☆ そのうちの面接までいったのはどのくらいですか?

面接までいったのは10社ぐらいです。

☆☆☆ その24社とか10社とかは初めから業界は絞っていましたか?

ある程度は絞りました。商社と総合電気メーカーをメインに応募しました。

☆☆☆ どうして、総合電気メーカーとか商社を希望したのですか?

僕も最初はあまり日本の業界や会社について知らなかったですから、最初はやっぱり自分でも知っているような大きい会社に応募しました。それで商社は自分の長所が一番活かせるのかなと思って、総合商社に応募しました。

グエイさん☆☆☆ 自分の長所というのはどんなところですか?

やっぱり語学力だと思います。それ以上にいろんな国での経験がありますので、(商社で)海外へ行けるような仕事のほうが自分にはむいているかなと思いました。

☆☆☆ 実際、面接まで受けてみて、難しいと感じたところは何かありますか?

はい、本当に難しいところは説明会へ行くからエントリーシートを書いて、筆記試験を受けて面接に行くという、いろいろ違う段階でいろいろなチャレンジがあると思いますけど、やはりそれ以前の問題が難しいと思いますね。自己分析とか自分がどんな仕事にむいていてどんな仕事をやりたいのかとか。それとその自分が行きたい業界の勉強とかも含めて、やはり準備の段階が一番難しいと思います。

☆☆☆ そういう準備はどうやってしましたか?

まずいろいろなところへ出かけて、頭を動かす前に体を動かして、そして十分な情報を手に入れたら、それをまとめて考えて自分のことも深く掘り下げて、そこでやっと自分がやりたいことがわかったような気がしました。

☆☆☆ 面接までいった段階でスムーズに決まったという印象がありますが、うまくいったポイントはなんですか?

面接は合わせて20回も参加しましたが、10日間で全部面接を受けたので、やはり最初の面接はあまりうまくいきませんでした。あまり自分をうまくだせなかったし、緊張しすぎて内容もめちゃくちゃでした。でも、なんども面接を重ねて自分もコツをつかめたりして、やはりその準備をより隅々までできたことによって、もっと自信をもって後の面接に臨めたと思うので、それからだんだんとうまくいったと思います。

☆☆☆ 自分が言いたいことが結構言えたということですね。学校の授業とか学校のサポートで役に立ったことはありますか?

はい、もちろんあります。やはり日本で就職するにはビジネス日本語とかマナーも必要だと思いますし、僕が来た頃には敬語とかあまりうまくなかったです。それをちゃんと学校で練習することによって上達させ、以前の日本語の感覚を取り戻したことが、内定をもらったことにつながったと思います。あと、先生からのサポートの力も大きかったです。例えば模擬面接だったり資料を頂いたことだったり、結構助かりました。

☆☆☆ 最後にこれから就職活動をする人にアドバイスをお願いします。

外国で仕事を探すことはいろいろ大変だと思いますが、最初はやはり自分のことを信じるのではなく自分のことをよく知って、それから対策を練って。それで初めて自分のことを信じて、負けないで就職活動に臨んでほしいと思います。


卒業生就職インタビュー1へ
卒業生就職インタビュー2へ
卒業生就職インタビュー3へ
卒業生就職インタビュー4へ
卒業生就職インタビュー5へ
卒業生就職インタビュー6へ
卒業生就職インタビュー7
卒業生就職インタビュー8へ
卒業生就職インタビュー9へ
卒業生就職インタビュー10へ
卒業生就職インタビュー11へ
卒業生就職インタビュー12へ
卒業生就職インタビュー13へ
卒業生就職インタビュー14へ
卒業生就職インタビュー15へ
卒業生就職インタビュー16へ
卒業生就職インタビュー17へ
卒業生就職インタビュー18へ
卒業生就職インタビュー19へ