日本語の実力UP講座

ビジネス日本語クラス
履歴書作成や面接対策など日本での就職に必要な能力を身につけます。
法人向け日本語レッスン
アークアカデミーは法人様向けのレッスンも多くの実績があります。

採用企業の方へ

無料会員登録
無料求人票掲載

世界約45カ国の留学生が見ています。
求人掲載のご依頼は、アークアカデミー
就職支援室までご連絡ください。

詳細はコチラ

internship

卒業生就職インタビュー

働く人

卒業生就職インタビュー14

オウ カインさん

出身:中国
【2013年3月ビジネス日本語クラス卒業予定】

広告代理業

 

☆☆☆Q1 どのくらい就職活動をしましたか?

今年の5月から今までで7ヵ月ですね。でも、本格的に動き出したのは9月からです。

☆☆☆Q2 どのくらい応募しましたか?

エントリーした会社は45社ぐらいです。説明会を聞きに行った会社は30社ぐらいです。面接までいったのは15社ぐらいです。

☆☆☆Q3 就職活動で大変だったことは何ですか?

私にとって一番大変だったことは実際に行動することです。最初は自分の考えがなかったのですが、クラスのみんなが就活している雰囲気に影響されて、説明会へ行っていました。本当にやりたい仕事も分からなくて、余計なことを考えすぎて、逆に自分を縛るようになりました。7月と8月の2ヵ月間はやる気が出なくて、就活を一時中断してしまいました。先生に相談したところ、「考えるよりまず行動する」というアドバイスをうけました。9月になって本格的に動き出して、就活に打ち込んだら意外に面白くなりました。あとは面接に対応できるよう、慣れるまでの過程は大変でした。何社も面接を受けて、だんだんコツがつかめるようになってきました。

☆☆☆Q4 面接ではどんなことを聞かれましたか?

授業で練習した想定質問をほとんど聞かれました。バイトの経験もよく聞かれました。外国人だけではなく、日本人の学生にもバイトの経験を重視しているようです。「会社に何を求めているのですか」「会社を選ぶ時の基準は何ですか」というような自分の価値観についての質問も出ました。私の場合は趣味の剣道が非常に目を引くアピールポイントなので、剣道のことをよく聞かれました。

☆☆☆Q5 就職活動をしていて、学校の授業で役に立ったことは何ですか?

敬語の使い方、ビジネスマナーから、履歴書の書き方、面接練習、日本会社文化まで、非常に役に立ちました。特にビジネス場面で使う表現が就職活動だけではなく、これからの仕事にも役立つと思います。

☆☆☆Q6 どうして内定がもらえたと思いますか?

内定をもらった会社の先輩と一度話しました。面接の時の私の印象がよかったと社長と役員が言っていたそうです。この会社は筆記試験がないので、面接の比重が大きかったと思います。でも、たくさんの質問が出る面接ではなく、お互いに話し合う雰囲気を感じました。面接のときは、真摯な態度でありのままの自分を出しました。そういう自分を相手が認めてくれたのではないかと思います。(どこの会社の面接でも同じ態度で受けていたと思いますけど…)

☆☆☆Q7 就職活動を通して学んだことはありますか?

いろんな業界をまわったので、就職活動と企業分析によって、今いろいろな業界の現状が分かるようになりました。面接の経験を積んで、社会人との接する方法も慣れたように気がします。これからの仕事も就活している時の気持ちを忘れずのぞみたいと思います。

☆☆☆Q8 これからどんな仕事をしますか?

具体的な仕事はまた知らないですが、会社に入って営業の仕事を経験して、将来的には会社の海外事業部に所属すると予測しています。

☆☆☆Q9 就職活動をする人にメッセージをお願いします。

自分を信じること。10回20回の失敗も自分が経験すべきことだと思ったほうがいいと思います。会社に断わられたのは自分が否定されたのではない、自分と会社が合わなかっただけだと思うのがよいと思います。


卒業生就職インタビュー1へ
卒業生就職インタビュー2へ
卒業生就職インタビュー3へ
卒業生就職インタビュー4へ
卒業生就職インタビュー5へ
卒業生就職インタビュー6へ
卒業生就職インタビュー7へ
卒業生就職インタビュー8へ
卒業生就職インタビュー9へ
卒業生就職インタビュー10へ
卒業生就職インタビュー11へ
卒業生就職インタビュー12へ
卒業生就職インタビュー13へ
卒業生就職インタビュー14
卒業生就職インタビュー15へ
卒業生就職インタビュー16へ
卒業生就職インタビュー17へ
卒業生就職インタビュー18へ
卒業生就職インタビュー19へ