日本語の実力UP講座

ビジネス日本語クラス
履歴書作成や面接対策など日本での就職に必要な能力を身につけます。
法人向け日本語レッスン
アークアカデミーは法人様向けのレッスンも多くの実績があります。

採用企業の方へ

無料会員登録
無料求人票掲載

世界約45カ国の留学生が見ています。
求人掲載のご依頼は、アークアカデミー
就職支援室までご連絡ください。

詳細はコチラ

internship

卒業生就職インタビュー

働く人

卒業生就職インタビュー17

ハビランド トーマスさん

出身:アメリカ
【2012年10月入学】

楽天株式会社就職内定

 

☆☆☆ どのくらい就職活動をしましたか?

だいたい6ヵ月間です。

☆☆☆ どのくらい応募しましたか?

はっきり覚えていないのですが、選考に参加せずエントリーしただけの会社を含めておよそ30社に応募しました。選考に進んだのは20社弱です。面接を受けたのは5~6社です。

☆☆☆ 今回、内定をもらった会社はどのような選考の流れでしたか?

昨年の12月ぐらいにエントリーしました。エントリーシートと志望理由書を提出し、1月中旬に合格をもらい、WEBテストを受けました。それに合格したので、2月初めに説明会に参加しました。一次面接は2月下旬、1ヵ月後に二次面接、その2週間後に三次面接、その2日後に四次面接があり、採用内定をいただきました。それが4月下旬ですから、約4ヶ月かかりました。

☆☆☆ WEBテストはどんな内容でしたか?

日本語、英語、数学です。日本語は読解問題のようなもので、時間内に解くのが大変でした。数学は高校生レベルでそんなに難しくなかったです。

☆☆☆ 面接では、どんなことを聞かれましたか?

ほとんど自分のことについての質問でした。自分の長所や短所、今までの人生で一番成功したこと、リーダーシップ経験、クラブ活動について、日本で働きたい理由などについて聞かれました。それから、その会社に応募しようと思った理由、5年後のキャリアゴール、10年後のキャリアゴール、その会社で一番やりたいことなどについて聞かれました。

☆☆☆ どうして内定がもらえたと思いますか?

自分が会社のイベントの全てに参加したり、十分その会社について勉強したり、それからなぜ自分がその会社に入りたいか、理由をきちんと考えて、それらをその会社にきちんと伝えられたからだと思っています。

☆☆☆ 就職活動において、学校の授業で役に立ったことは何ですか?

一番役に立ったことは、敬語の勉強と、その敬語を実際に使って自己アピールなどを練習したこと、それとビジネスマナーの勉強です。例えば、エレベーターでの立ち位置や、応接室でどこに座ればいいか、日本人が服装や身だしなみを重視するということを初めて知りました。また、平日は毎朝8:30から3時間半、日本語で話したり、聞いたり、書いたりすることは非常に役立ったと思います。

☆☆☆ これからどんな仕事をしますか?

楽天の営業コンサルタントの仕事をします。具体的には、楽天市場で活動している店舗の売り上げを伸ばすためのお手伝いをする仕事です。

☆☆☆ 就職活動をする人にメッセージをお願いします。

就職活動を甘く見るとうまくいかないでしょう。日本の企業に応募している学生の人数は驚くほど多いです。その中でそれぞれの会社は、数百人、数千人の応募者の中から5人とか、10人、20人しか採用しない状況です。競争が激しく、内定をもらうことは本当に簡単なことではありません。ですから、本当に就職をしたいなら、全身全力でやるしかありません。就職活動を一所懸命頑張ってください。本気でやればきっと就職できます。


卒業生就職インタビュー1へ
卒業生就職インタビュー2へ
卒業生就職インタビュー3へ
卒業生就職インタビュー4へ
卒業生就職インタビュー5へ
卒業生就職インタビュー6へ
卒業生就職インタビュー7へ
卒業生就職インタビュー8へ
卒業生就職インタビュー9へ
卒業生就職インタビュー10へ
卒業生就職インタビュー11へ
卒業生就職インタビュー12へ
卒業生就職インタビュー13へ
卒業生就職インタビュー14へ
卒業生就職インタビュー15へ
卒業生就職インタビュー16へ
卒業生就職インタビュー17
卒業生就職インタビュー18へ
卒業生就職インタビュー19へ