日本語の実力UP講座

ビジネス日本語クラス
履歴書作成や面接対策など日本での就職に必要な能力を身につけます。
法人向け日本語レッスン
アークアカデミーは法人様向けのレッスンも多くの実績があります。

採用企業の方へ

無料会員登録
無料求人票掲載

世界約45カ国の留学生が見ています。
求人掲載のご依頼は、アークアカデミー
就職支援室までご連絡ください。

詳細はコチラ

internship

卒業生就職インタビュー

働く人

卒業生就職インタビュー18

トウ キさん

出身:中国
【2013年4月入学】

株式会社 セブン-イレブン・ジャパン 内定

 

☆☆☆ どのくらいの期間、就職活動をしましたか?

2013年4月末に来日して、就職活動は5月中旬になってから始めました。そこから約3ヶ月間、就職活動をしました。まず初めは企業合同説明会に行ったのですが、その前に履歴書を書いて先生に添削してもらいました。それを何度も繰り返し、履歴書を完成させてから説明会に行きました。

☆☆☆ どのくらいの企業に応募しましたか?

内定をもらった企業のほかに、3社に応募しました。そのうち一つは面接を受けました。その会社からは
連絡がなく、おそらく不合格になったのではないかと思いますが、とてもよい経験になりました。

☆☆☆ 今回、内定をもらった会社はどのような選考の流れでしたか?

まず説明会、筆記試験、一次面接が1日で行われました。一次面接は20分ぐらいでした。筆記試験は数学と日本語でしたが、日本語は語彙問題と読解問題がありました。私は数学が苦手なので、「簡単な問題ですよ」と事前に言われていたのですが、やはり難しかったです。でも合格の結果を10日後ぐらいにいただき、二次面接に進みました。これは面接官2名で、40分以上でした。次に三次面接がありましたが、これは雑談も含めて1時間以上ありました。

☆☆☆ 面接では、どんなことを聞かれましたか?

一次面接では、自己紹介、志望動機、自己PR、今まで頑張ったことなどなどを聞かれました。二次面接では、会社に貢献できること、キャリア形成について、希望する部署、今までしてきた仕事について聞かれました。三次面接では、将来の夢、履歴書に書いたボランティアの経験について聞かれました。また、採用された場合の待遇面について説明がありました。履歴書に書いたことはきちんと説明できるようにしておいたほうがいいと思います。

☆☆☆ どうして内定がもらえたと思いますか?

私は中国のセブンイレブンで働いていました。そのときに、企業としての魅力を感じ、業務から学んだことは数多くあります。日本でもぜひ同じ企業で働きたいと考えていました。地域の担当、店舗の担当など、様々な部門がありますが、新たな挑戦だと思って、とにかく様々な部門に応募しました。意欲的に、計画的に行動できたことが、内定につながったのではないかと思います。

☆☆☆ 就職活動において、学校の授業で役に立ったことは何ですか?

授業で面接の練習を何度もしましたので、初対面の面接官でもそれほど緊張せずに臨めました。面接官の質問を聞いて、「これは今までに練習したことがあるから、答えられる」と自信を持ってできました。

☆☆☆ これからどんな仕事をしますか?

会計管理部の事務として、いろいろな資料の翻訳や資料整理をする仕事をします。その前に、新人研修合宿、店舗研修があります。

☆☆☆ 就職活動をする人にメッセージをお願いします。

一度決めたことは最後までやり通すことが大切です。私は来日して、日本語の勉強、就職活動、アルバイトなどいろいろなことをしましたが、それがすべて就職内定につながっていたと思います。これからも、苦手だから、と言って避けないでいろいろなことにチャレンジしたいと思います。皆さんも、就職活動、がんばってください。

  


卒業生就職インタビュー1へ
卒業生就職インタビュー2へ
卒業生就職インタビュー3へ
卒業生就職インタビュー4へ
卒業生就職インタビュー5へ
卒業生就職インタビュー6へ
卒業生就職インタビュー7へ
卒業生就職インタビュー8へ
卒業生就職インタビュー9へ
卒業生就職インタビュー10へ
卒業生就職インタビュー11へ
卒業生就職インタビュー12へ
卒業生就職インタビュー13へ
卒業生就職インタビュー14へ
卒業生就職インタビュー15へ
卒業生就職インタビュー16へ
卒業生就職インタビュー17へ
卒業生就職インタビュー18
卒業生就職インタビュー19へ